為替手帳2016が届いた

トレイダーズショップから為替手帳2016が届いた。

Traders Shop Press 2015 というチラシをまとめたような冊子が入っていて、読んだことのある書籍もあるが、知らないものや再度読み直してみたいものなど目の毒なのでじっくりとはみず、でも捨てることもできずにとしばらくとっておくことになりそう。

この為替手帳、2008年からはじまって2016年は9年目となるのだそうだ。

「相場の世界に生き残ることで一番肝心なことは、気である。・・・」「最初の逆張りは、ドアをトントンとたたくような感じでジャブからスタートすることだ」など監修の堀内昭利氏からの贈る言葉27個に続いて、手帳利用の心得がある。

「贈る言葉の中で重要な箇所を自分で選んで赤線を引く。月初もしくは、週初に読み返してもらいたい。」とある。

毎回気づくところは変わってきそうだが、何度でも読み返そう。

来年4月は1日が雇用統計だが、7月は8日が雇用統計なんだ。どうして、こんな早くからわかるんだろう?

なにはともあれ、週刊カレンダーは来年をまたず11月30日月曜日から使える。

まずは1カ月間自分なりの手帳の使い方をデモトレードのように試してみて、来たる2016年に備えよう!

amazon で為替手帳2016を購入すると、販売元であるエイチスクエアから直送になるようです。

Traders Shop(トレーダーズショップ)で買うと、トレーダーには目に毒なカタログが入っていましたが、エイチスクエアから直送だとどうなのでしょうか?ちょっと気になりますねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする