FX失敗の反省

いつも同じ失敗ばかり。

その失敗を直視しないでまた次のトレードをするから、せっかくの失敗から何も学ぶことができないばかりか、どうすることもできないという無力感に陥ったりもする。

FXとはまったく関係ないが、ガイ・ウィンチの『自分で心を手当する方法』のなかで紹介されている方法がピピピッときたので、不完全で構わないので、一度反省しておこう。

スポンサーリンク

どんな失敗をしたか

・損切りできなかった

・飛び乗ってしまった

・カーッとなって、エイヤッとエントリーしてしまった。

この中から一つだけ選ぶとすると、やはり、損切りできなかったこと。

そのために、うまくいってしまうトレードもあるが、損切りの遅れによって一気に負けが膨らんでしまう。

その原因は

・はじめに逆指値を入れていない

・戻ってくるのではと、期待してしまう

・勢いを妄信しすぎ、その方向に行くだろうという決めつけのため

上のうち自分で変えられることは?変えられないことは?

自分で変えられることが全部。変えられないことはない。

何をどう改善すれば、成功に近づけるか?

(1)反転サインでエントリーするときは、損切りしても損失幅の小さいところまでの押し目や戻りを待つ。

エントリーしたら、いつでも逆指値を入れたり損切りをできる態勢で、逆指値の場合は3~5pipsで損切り注文を入れられるようにして待つ。

これならば、伸びたときのトレールもしやすい。

(2)サインですぐにエントリーするときは、損切りポイントまで遠くなるので、IFDOCOあるいはIFDONE注文で、損切り幅を決めてエントリーする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする