PF(プロフィットファクター)が良ければいいわけではない

トレーリングストップのルールを直近の1時間足6本から8本に変えて
検証してみたところ、驚くべき新発見があった。

ここ1か月半で、ドル円のプロフィットファクターが、2.1から2.8程度まで、
ドンと改善したが、収益がなんと悪化。

損切りと共通のルールであるトレール幅が広がることによって、
初期損切りまでの幅が広がり、その結果、R倍数が悪化。

総資産に対する一定割合の金額をかけていても、
掛け金が低く抑えられるようになるので、プロフィットファクターが
良くても総資産が逆に少なくなった。

いままでR倍数については、データはとっているけどそんなに
深く考えてはいなかったので、自分には大発見!

1000通貨単位で、スリッページも少ないFXブロードネットにして正解。
ますます、FXが面白くなりそうだ。

R倍数に関しては、値は張るが神王リョウのir投資大学
本だとバン・K・タープの新版 魔術師たちの心理学で詳しく解説されている。
どちらも手っとりばやく勝ちたいという人には向かないが、
投資を続けていく上ではバイブルとなりうるものと断言できる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする