Lion FXデモ取引でも、チャートはリアル口座のものを

ヒロセ通商のプレミアム大反省に行ってきた。

そのこともあってというか、ヒロセ通商Lion FXのデモ口座を再び申請。

ちょっとチャートを立ち上げて見てみたが、なんだが違和感。

違和感の原因がしばらくわからなかったが、ふと気づいた。いや、思い出した。

それは、Lion FX は土日もデモトレードができて、その結果土日デモ用のチャートがそのまま残って月曜に突入することだ。

スポンサーリンク

比べてみると一目瞭然

パソコンのデスクトップにLion FXのリアル口座のアイコンが残っていなかったが、色が違うだけで同じJFXのマトリックストレーダーを立ち上げてみると、一目瞭然。

左側のLion FX のチャートでは、土日である8月26日と27日のチャートが平日と同じ長さで残っていて、それが大きく上下に動いている。

移動平均線にせよ、ボリンジャーバンドにせよ、あるいはオシレータ系のテクニカルにしても、この土日の仮想レートの動きが加味されたテクニカル指標となってしまう。

デモトレでもチャートはリアル口座のものを

デモトレードをするときも、そのトレード判断にしようするのは、リアル口座のチャートでないとまともなトレードにならない。

以前は100万円からスタートのLionFXのデモ口座だが、いつのまにか1~1000万円で自由に設定できるようになって便利になっている。

注文方法も、時間指定成行注文とか、私たちのマニアックな要求にもこたえてくれている。

土日もチャートを動かそうといういうのも、ある意味結構むちゃな要求のようにも・・・。

以下の動画でもJFXのマトリックトレーダーと比較したが、デモ口座のチャートだけはなるべく見ないようにしたいもの。

新規口座キャンペーンをより効率よく活用するには、月初に開くのが有利だが、実資金をしばらく使わないならば関係ないので、ヒロセ通商【LION FX】にせよ、MATRIX TRADERにせよ先延ばしせずにすぐに口座開設して、デモ口座ではない正しいチャートを見て練習するのがFXに強くなれる近道であることに間違いない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする